-






トップページ> お知らせ > 深田研 一般公開2019のお知らせ
お知らせ

深田研 一般公開2019のお知らせ


2019年10月6日(日)10時~16時  開催  入場無料

● 全館禁煙● 駐車場は使用できません● 自動販売機はありません

?  ? ?深田研 一般公開2019チラシ(PDF:A4両面)?


主 催:公益財団法人深田地質研究所
後 援:日本古生物學會
協 力:応用地質株式會社、 株式會社環境総合テクノス、 一般社団法人黒部?宇奈月溫泉観光局、黒部峽谷鉄道株式會社、三陸鉄道株式會社 、富山大學理學部生物圏環境科學科、南紀熊野ジオパーク推進協議會、一般社団法人日本地質學會、 文京區富士前町會、三笠ジオパーク推進協議會、三笠市立博物館 [五十音順]


化石の日2019スペシャルトーク

【會場】 深田地質研究所 研修ホール

化石の日」にちなんで古生物學者のみなさんが化石の魅力をたっぷり語る新企畫!

10:15-10:20? ?  主旨説明 藤田勝代?氏(深田地質研究所)
10:20-11:20   1. 古生物學者になりたい! <–?申込不要

奧村よほ子?氏(佐野市葛生化石館)、宮田真也?氏(城西大學)、泉 賢太郎 氏(千葉大學)、木村由莉?氏(國立科學博物館 地學研究部)、ロバート?ジェンキンズ?氏(金沢大學)、矢部 淳?氏(國立科學博物館 地學研究部)、中島 禮?氏(産総研 地質情報研究部門)

日本古生物學會所屬の若手研究者によるリレートーク。古生物學者と一口で言っても、いろいろな職業(例:大學教員、博物館、研究所)があります。代表的な“古生物職”に従事しているご本人から、それぞれの職業の魅力、どうして(何のきっかけで)古生物學者を目指し今に至るのか、その魅力をお話します。

11:20-12:20  2. 古生物學者に聞く!「ケンキュウ」ってなんだ!? <–?申込不要

相場大佑 氏(三笠市立博物館)、村宮悠介 氏(深田地質研究所)

古生物學者たちの長きに渡る研究によって、大昔のいきものに関する様々なことが分かってきました。では、古生物學の「研究」とは、どのように行われるのでしょうか?アンモナイトを専門とする若手古生物學者が、普段は語られない研究の過程を楽しくお話します。

13:30-15:00  3.?特別講演 <–??當日10時から「整理券」配布

午後の特別講演(13:30~)の入場は「整理券」が必要です。
「整理券」は當日10時より受付で配布します。【定員60名】

「恐竜博2019」の標本たちから、進化の話を聴いてみよう

真鍋  真 氏(國立科學博物館標本資料センター長)

デイノニクスという新種の獣腳類恐竜が命名されて今年で50年。「恐竜溫血説」と「鳥類の恐竜起源説」のきっかけとなった、恐竜研究史の変曲點となった種です。「恐竜博2019」*では、門外不出とされていたホロタイプ標本の來日が実現しました。これまでの50年の恐竜學の進歩から、近未來の研究の展望まで、「化石の日」に「もの言わぬ」化石から、化石の魅力と可能性に想いを馳せてみませんか?

*「恐竜博2019」開催中 2019年7月13日~10月14日(國立科學博物館?上野)
※當イベントで恐竜化石の展示はありません。


深田研レクチャー

【會場】 深田地質研究所 會議室ほか <–?申込不要

10:25-10:30 ?主旨説明 磯 真一郎 氏(深田地質研究所)
10:30-11:00 ?山麓団地を襲う土石流からどう逃げるか-避難に役立つ被害予測地図とは

橫山俊治 氏(客員研究員)

近年、広島県の豪雨災害では、被害予測地図で警戒されていた山麓団地で多くの犠牲者が出ました。既往の被害予測地図そのものに大きな問題があることが分かってきました。どのような被害予測地図なら避難に役立つのか考えます。

11:00-11:30  北海道膽振東部で発生した崩壊?地すべり

大八木規夫?氏(特別研究員)

北海道膽振東部地震(2018年9月6日、M6.7)では、テフラの崩壊のほか、奧行1.5km、移動距離400mに達する大規模地すべりをはじめとする多數の巖盤すべりも発生しました。現地調査結果で見出されたいくつかの問題點について紹介します。

? ? ? 11:30-13:00  都市の身近な地形?地質を楽しもう(レクチャー&地形実験)

木村克己?氏(客員研究員)、池田 宏?氏(特別研究員)、下茂道人?氏(主席研究員)

都心の凹凸に富んだ地形の特徴を、12萬年の気候変動と地殻変動の地球史の産物として、その成り立ちを紹介します。*地形実験は屋外で行います。

12:45-13:15 ジオ鉄以前の黒部峽谷をジオ鉄目線で探勝する

柏木健司?氏 (富山大學準教授)

黒部峽谷鉄道の建設が始まった大正12年以前の明治-大正期に、人々が黒部峽谷への探勝に訪れた痕跡を、ジオ鉄目線で探ります。

15:10-15:40  機械學習で変わる地球科學データの解釈方法

磯 真一郎?氏(上席研究員)

AI?機械學習とはなにか、それによって従來のデータ解釈とは何が変わるのかについての研究結果と事例に基づき解説します。


體験學習

<–當日受付
●作って楽しむアンモナイトアクセサリー(先著8名)  11時から受付
●化石発掘體験 (先著30名、各回10名×3)  13時から受付


?防災教育

●あなたのお家「地盤診斷」 ほか


展  示

●化石展示
●あんもふれんず
●世界のクリノコンパス
●研究所の活動(研究成果?出版物など)
-大気中メタンガスの揺らぎから活斷層を探る
-水中火山巖関連
-そのほか
ジオ鉄関連展示
-黒部峽谷鉄道のジオ鉄
-三陸鉄道のジオ鉄
-JR紀勢本線のジオ鉄 など
●第10回惑星地球フォトコンテスト(主催:日本地質學會)作品巡回展示


ご來場にあたって

■全館禁煙です。
■駐車場は使用できません。
■自動販売機、飲食物の販売はありません。
■飲食物の持込みOKです (休憩コーナー有)。

※ 當日所內でスタッフが記録した寫真は、webや、深田研ニュース等に掲載させていただくことがあります。予めご了承下さい。

2019年8月22日 木曜日 Updated
彩神争8下载